ピッチングメカニズムブックがとにかく安い~!

理解するのに苦労しますが!納得することが多くためになります。何回も読み返しています。「タオルを使ってのシャドウピッチングは力みすぎる」など今の中高年の子供時代の野球理論で間違っていた部分を指摘しながら『身体全体をしならせる』投げ方の解説があります。

下記の商品です♪

2017年04月05日 ランキング上位商品↑

ピッチングメカニズムブックピッチングメカニズムブック(理論編) [ 前田健 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

主人曰わく、体の造りなど、根本的なところから書いてあり、今まで読んだ本とは一味違うそうです。元阪神タイガーストレーニングコーチがピッチングの仕組みについて書かれた単行本です。そのうえ、子供にとって大事な事とそうでない事を判断してから説明できるようになったことも収穫です。小学生の子供に教えるために購入しました。これからも、時々読み返して忘れないようにしようと思います。ピッチャーを密かに夢見る小学4年の息子に、間違った事を教えない為に買いました。少年野球の監督やコーチに指摘される内容(やはりどうしても結果を中心に見られる傾向がある)を!家で更に詳しく(自信を持ってその前段階の動きから)説明してあげられるようになりました。)しかし!どうやって直せばよいかが分からなかった。この本を読んでよく分かった。こういう理論が140キロを投げる高校球児を生んでいるのでしょう。。隣には「高校生の時に知ってたらプロに行けたのに!!」と目からウロコの夫。このシリーズは大変参考になる本で自分にも子供の指導にも取り入れさせてもらってます。趣味で野球をやっている主人に頼まれ購入。(自覚はしてないが!相手から見るとそのよう。夫の野球熱は原点回帰で理論に立ち返ったようです。まだ!習得し切れていませんが!信じてやってみようと思います。好不調の波が激しく!悪い時は開くのが早い模様。少年から全くの経験のない中で!この本に出会いました。この本と早く出逢いたかった・・・それだけ良い本です。私は草野球でピッチャーをやっています。改善編という続編(?)も出ているそうなので、そちらの購入も考えたいと思っています。高校生になって突然監督からピッチャーをやってみろと言われました。よかったと思います。そうだったのかと感心する内容です。